地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

私の2019年の振り返りと2020年の目標!

サムネイル画像

あけましておめでとうございます。
昨年はたくさんの方にお世話になりました。
誠にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いします。

皆さまは、どのような年越しをお過ごしになりましたでしょうか?
私はライブハウスにて、大好きな音楽と共に新年を迎えました。
この1年も皆様に幸ある1年となることを願っております。

さて、皆さんは「昨年はこんな1年だったな。」「今年はこうしたいな!」ということを考えたことはありますでしょうか?
1年単位の漠然としたものであっても、振り返りと目標設定をするだけで、その1年間の充実具合は大きく変わります。
昨年はあまり上手くいっていなかったとしても、心機一転して素敵な目標設定をしてみませんか?

私も2020年もより充実した1年とするために、振り返りと目標設定を行いたいと思います。
今回は、私の2019年の振り返りと2020年の目標について、ご紹介します。

2019年を振り返る!

振り返り画像

まずは、昨年を振り返ります。
公私共に様々な「始動」があった1年でした。

結婚した!

2019年の一番大きなイベントでした。
元々同棲をしていましたが、結婚するとまた違うものでした。
なぜか今まで以上に、仕事にも力が入るようにもなってきました。

毎日お弁当もちゃんと作ってくれて、また、アクティブに動き回る私を応援してくれて、本当に感謝しかありません。
感謝の気持ちを忘れずに、これからも頑張りたいと思います。

富田林市公民連携デスクが立ち上がった!

行政の組織を動かすことが本当に大変なことだと、痛感した1年でした。
2018年末より「公民連携デスクを立ち上げよう!」と内部で声を上げていたのですが、全然叶いませんでした。
「これが「組織」か。」と心を折られかけた時期もありました。

しかし、様々な人のご協力といろんな根回しと資料準備を経て、公民連携のワンストップ窓口である「富田林市公民連携デスク」が立ち上がりました。
最終的には、市長が「早くやろう!」と言ってくださったものです。
本当にトップが前を向いてGOサインを出していただけるのはありがたいことで、挑戦を応援してくれる人が市長で嬉しいなと思います。

2019年10月7日の立ち上げ以後、既に連携協定を結ぶ案件が生まれたり、多くの企業と繋がりができるなど、目に見える結果が出てきています。
市民の皆さんへもっとわかりやすく還元出来るように、これからも業務遂行してまいります。

project.nikkeibp.co.jp

富田林テレビが3年目突入!

C大阪との公民連携の取り組みとして、毎月生放送しているインターネットテレビ「富田林テレビ」が、10月に3年目へ突入しました。
市民や企業等の出演ゲスト総数も約300名となりました。

再生回数や出演ゲスト総数だけではなく、出演者と出演者のハブ的な役割も果たしています。
更に、市民参加型番組として、市民の認知度が結構高くなっていることが非常に嬉しいです。

「レギュラーナビゲーター」という肩書きで毎月1時間以上喋っていますが、改めて考えると、普通に地方公務員の仕事をしていて、こんなことを仕事として行うって本当にすごいことなんだと感じています。
多くの人に支えられて動いている番組なので、今後も継続して頑張りたいです。

naya0708.hatenablog.com

地方公務員オンラインサロンやよんなな会への本格参加!

2019年は、全国各地に公務員の繋がりがたくさんできました。
主な理由は、「地方公務員オンライン」と「よんなな会」です。
いずれも、公務員と公務員が繋がるプラットフォームであり、たくさんの学びと気付き、そして大きな熱量を日々得ています。

全国様々な出会いのおかげで講師などの登壇依頼や執筆依頼をいただくなど、繋がりを通じて様々な機会をいただいています。
「まだまだ自分は頑張れる!」と思わせてくれた人たちとの出会いも、自分にとってはとても良い1年でした。

naya0708.hatenablog.com

www.holg.jp

MIRAI-HUBを立ち上げた!

南河内の公務員を元気にしたい!」と志す仲間が集まって、MIRAI-HUBというチームを立ち上げました。
メンバーは全員20歳代で、所属自治体もバラバラです。
この「全員20歳代」という設定がとても珍しいみたいで、少し話題になっているそうです。
私が代表として、11月より始動しました。

南河内の公務員はまだまだポテンシャルを秘めています。
地域の公務員に活気が出れば、まちにも活気が出ると信じて活動を始めています。
今年もメンバーと楽しく頑張れたら良いなと思います。

naya0708.hatenablog.com

地方公務員ブロガーとして始動!

私の文章力向上や経験や考えを可視化することを主な目的に、地方公務員ブロガーとして10月より始動しました。
約30記事ほど書きましたが、改めて伝えることの難しさを痛感しています。

しかし、ブロガーとなって発信に力を入れ始めたことで、多くの方から応援をいただいたり、民間の方との繋がりにも広がりが出てきました。
最近では、TwitterのDMで読んだ感想を送ってくれる人が出てくるなど、本当に自分が思っていた以上に嬉しい効果も出てきています。
来年も継続して、自分の経験を通じていろんな人の役に立てる記事が書ければ良いなと思っています。

naya0708.hatenablog.com

実名Twitterを始めた!

実名でTwitterを始めました。
実名でのSNS運用は賛否両論ありますが、私は良かったと思っています。
理由は様々ありますが、スタートアップ系、ベンチャー系の方々や学生との繋がりも多く生まれたことは、非常に嬉しいことでした。

また、実名を晒して頑張って発信を続けることで、私がきっかけで富田林市を調べてくれるなどの嬉しい効果も出ています。
「富田林市で働いてみたい!」「富田林市でビジネスを起こしてみたい!」などの行動換気が今後生まれたら、本当に私は実名SNSを始めた効果が出たものだと思います。

Twitterのフォローも是非お願いします!

2020年の目標!

朝日画像

次に、2020年の目標を設定します。
2019年は「始動」の1年だったので、2020年は「実績」にこだわっていきたいと思います。
大きく3つの柱で目標設定をしています。

  • 「発信力」がすごい地方公務員へ!
  • 「行動力」がすごい地方公務員へ!
  • すごい公務員アワード受賞!

「発信力」がすごい地方公務員へ!

私が目指すべき目標の一つは、「発信力」がすごい地方公務員へなることです。
現在「発信力」においては、大きく3つの軸で動いています。

まず、地方公務員ブロガーとしてのポジション確立をしたいと考えています。
現在はまだ「駆け出しブロガー」ですが、2020年の1年間かけて「地方公務員ブロガー」として、多くの人に知ってもらえるブログサイトになるよう動きます。
そのためには、名刺へQRコードを貼るなども必要かなと考えています。
4月より2枚目の名刺を新たに調達しようと思っているので、まずはデザインにもこだわっていきたいと思います。

次に、実名SNSをしっかり運用することです。
特に、即時性と拡散力が強いTwitterには力を入れます。
現在フォロワーが約1,800人おり、ほとんどがスタートアップ系やベンチャー系のビジネスマン、また、匿名の公務員や学生です。
毎月約200から300人ずつ増えています。
ブログとの連動はもちろん、Twitterを通じた私の発信から行動換気へと繋げていきたいなと考えています。
多くの人の役に立てるようなアカウントになり、少しずつ富田林市のPR投稿を混ぜていけたらと考えています。

最後に、富田林テレビです。
業務としての発信力になりますが、現状として、市民参加型であることやハブ機能が活きていることから、市民の認知度は肌感覚で非常に上がってきていると感じています。
しかし、市外への発信については、特に当初の目的として置いていなかったため、あまり実感がありません。
そのため、まずは近隣市町村とのコラボコーナーを設けるなどから、近隣市町村への波及を図ろうかと思います。
行政情報の発信については、日々トライ&エラーですが、全国でも一番最初に始めた生放送行政インターネット番組なので、その誇りを忘れずに前向きにチャレンジできればと考えています。

「行動力」がすごい地方公務員へ!

次の私が目指すべき目標の一つは、「行動力」がすごい地方公務員へなることです。
「行動力」においては、大きく4つの軸で動いています。

  • MIRAI-HUBでのイベント実施
  • 地域活動チームの始動
  • 地方公務員サロンやよんなな会への参加
  • 富田林市公民連携デスクでの実績を積み上げ

まず、南河内の公務員を元気にするために活動するチームとして始動した「MIRAI-HUB」のイベントを、数回実施できればと考えています。
その中で、「南河内で何かしかけている人たちがいる!」「南河内が今何か面白いらしい!」となっていけば嬉しいなと思います。
チームの仲間たちと共に、南河内の公務員へ刺激を与えられるように頑張ります。
南河内の公務員の志や能力が1%高くなれば、南河内は無茶苦茶良くなるはずと信じています。
まずは「MIRAI-HUB」を通じて、南河内の公務員のイメージチェンジが出来ればと思います。

次に、未定ではありますが、富田林市内での地域活動チームを始動させる予定です。
若者や市民などとチームを組んで、富田林市を盛り上げる活動を取り組めればと思います。
まずはチーム作りからですが、大枠はイメージが出来ていますので、少しずつ前向きに進めていきます。

更に、地方公務員サロンやよんなな会への継続した参加で、全国に公務員の仲間を作る活動も続けていきます。
大阪から飛び出して、全国あちこちの場所を見て、人と繋がり、話を聞いて、自分のキャリアアップにつなげていきたいと考えています。
まだお会い出来ていない人は、是非今年こそお会いましょう。

最後に、富田林市公民連携デスクでの実績を積み上げていくことです。
公民連携デスクの実績としては、連携企業数や繋がった企業数など様々なことが考えられますが、まずは「行動」をしないことには、何も生まれません。
「行動」を繰り返し、企業との繋がりを増やし、連携まで結びつけるだけの実績を積み上げていければと思います。
最終的には、市民サービスが向上したとみんなが感じるまで繋げていきたいです。

すごい公務員アワード受賞!

何気ない目標として、株式会社ホルグが主催する「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード」を受賞することを掲げています。
他薦による賞なので、日頃の自分を磨いていくしかありませんが、長い公務員キャリアの中で、一度は受賞してみたい賞です。

また、富田林市から選出されることで、市民にとっても誇りに思ってもらえることや、市職員が「もっとやって良いんだ!」と風土が変わっていくきっかけになれば良いなと思っています。
私自身へのプレッシャーやハードルは上がると容易に想像できますが、最終的に「富田林市」の成長と発展に繋がる可能性があるのであれば、目指しておきたい大きな目標の一つです。

私の強みは、「発信力」と「行動力」と「実行力」にあると思っています。
また自称ですが、アクティブ公務員です。
歩き回って、市民さんとの対話も欠かさず行っています。
特に「富田林テレビ」は、特異性のある取り組みかなと思っています。
これらの強みを活かして、今年とは言わずとも、長い目で見て、一度受賞してみたいです。
地方公務員の皆さん、是非時期が来たら推薦をお願いします。

計画的な貯金!

かなり私的なことですが、嫁との貯金計画を滞りなく行うことです。
数ヶ月前に、5年分の貯金計画を立てました。

セミナーや勉強会出席などの遠征にかかる交通費が重なる月は厳しい時もあるかもしれませんが、極力、貯金が滞ることがないように頑張りたいと思っています。
嫁とは、夢のマイホームを目指しています。

まとめ

まとめ画像

今回は、私の2019年の振り返りと2020年の目標について、ご紹介しました。

私は、目標は頑張ったら叶いそうなくらいのレベルで高めに設定して、その目標に向かうことで、モチベーションを保ち続けています。
実際に、どれも頑張ったら出来そうな実感はあります。
いずれも簡単なものではありませんが、心が折れない限りは大丈夫かなと思っています。

皆さんも、まずは今年の目標設定をしてみて、何か頑張ってみませんか?
そして、是非私と一緒に、何かを頑張る仲間になりましょう。

改めまして、本年も皆さまどうぞよろしくお願い致します。

Twitterのフォローも是非お願いします!