地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

【読書記録】『自治体広報SNS活用法〜地域の魅力の見つけ方・伝え方』

サムネイル画像

2020年2月に発売された『自治体広報SNS活用法〜地域の魅力の見つけ方・伝え方』を、4月の課題図書として読みました。
私は業務として「シティプロモーション」や「広報」の担当もしているため、タイトルを見ただけでの購入でした。

実際に内容としては、メディア戦略やSNSの考え方、また、知っておくべき法律的なところまで細かく解説されていました。
最後にはチェックリストまで掲載されているので、とても実用的な1冊です。
私にとって、本書166ページにギュッとわかりやすく欲しい情報が詰まっていました。

では、どのようなことが書かれているのでしょうか?
今回は、『自治体広報SNS活用法〜地域の魅力の見つけ方・伝え方』の感想について、ご紹介します。

本を読んだ感想

f:id:naya0708:20200404134101j:image

自治体広報SNS活用法〜地域の魅力の見つけ方・伝え方』(著者:清水 将之 氏)
2020年2月10日発売

清水 将之(しみず まさゆき)

株式会社グローバルリンクジャパン取締役。「Cutting Edge Web Design」Rockport Publishersに自身の作品が掲載されたことがきっかけとなり、Webマーケティングの仕事に従事。主な著書として、「SNSマーケティングのやさしい教科書。」エムディエヌコーポレーション、「効果が上がる!現場で役立つ実践的Instagramマーケティング秀和システム、「SNSでシェアされるコンテンツの作り方」エムディエヌコーポレーションなど。

本書に書いていること

まずは、目次を確認してみましょう。

  • 第1章:自治体広報、メディア戦略
  • 第2章:SNS活用、成功例を自分の自治体へ活かすポイント
  • 第3章:メディア別ポイント
  • 第4章:地域の魅力を伝えるコンテンツ作り
  • 第5章:トラブルとならないために最低限押さえておくべき法的・炎上リスク

本書は、全5章でわかりやすく整理されています。
目次では更に細分化されているため、気になるページだけ読むという使い方もありでしょう。
要所要所で図も入れてくれているため、大変読みやすいです。
こういう本は「字が小さくて文字量が多いのでは!?」というイメージがあるかもしれませんが、見やすいサイズでコンパクトにまとめられています。
そのため一度読み始めると、すぐに読み終わってしまうでしょう。

読み終えた全体的な感想は、「実務に活かせる内容ばかり!」でした。
私見ですが、プロモーションや広報を担当している地方公務員は、全員読んでほしいです。
また、あまりSNSを使っていない管理職の方々にも読んでほしいです。

SNSの基本と自治体の現状を再認識した!

本書では、冒頭に「SNSの基本」と「自治体とSNS」について紹介されていました。

まず、現状として2020年のSNS利用者は、約7,900万人います。
ひと昔では「若者がするもの」という認識があったかもしれませんが、今では大人も高齢者もSNSを積極的にしています。
そして、一つのメディアとして、自治体も無視できない存在になってきました。
利用者は10代から30代の若者が主軸ではありますが、自治体の情報発信ツールとしての活用を始めている自治体も多くなりました。

しかし、SNSは「双方向のコミュニケーション」があって始めて真価を発揮するものです。
本書ではアンケート調査の結果も掲載されており、「質問や要望に対してはコメントを返してほしい」に対しては31.8%という反応もあります。
自治体は「情報発信ツール」として使っていますが、一般的には「コミュニケーションツール」であるため、住民は「コメントの返信」を求めているものだと思います。

上記の内容は、第1章の約10ページほどの内容の一部ですが、本当に「自治SNSのあり方」を考えさせられるものでした。
多くの課題を抱えている中で、改めてどうあるべきかを考えるきっかけになりました。

※参考:自治体におけるソーシャルメディアを活用した情報発信に関する研究 ~ネットユーザーを対象とした民間企業との比較研究~

私が多くの人に特に読んでほしい内容!

SNS関係画像

本書全体を通して、非常に「学び」と「気付き」が多い1冊でした。
今回は、その中でも特に私が皆さんに読んでほしい内容について、ご紹介させていただきます。

KPIを設定する!

第1章内で「KPI」についての紹介があります。

本書では、「エンゲージメント率」を高めるためのKPIとして、「いいね数」「フォロワー数」「リーチ数」などがあげられています。
これらのKPIの目標を達成すると、エンゲージメント率が上がるというものです。

富田林市では、ゆるキャラTwitterの運用が2年ほど前に始まり、「インプレッション数」を高めるためのKPIとして「いいね数」「フォロワー数」「ツイート数」とされています。
一人でも多くの人に富田林市の情報を届けるために、日々頑張っています。

ただ個人的なふとした疑問として、他の自治体公式SNSでも同様にKPIは設定されているのでしょうか?
そこまで意識された自治SNSは少ないように感じています。
もちろん、個人のSNSでも何かを達成したい人は同様の考え方は必要でしょう。
「何のために自治SNSの運用をしているのか?」を考え、改めてKPIについて見つめ直してみましょう。

※富田林市公式ゆるキャラ「とっぴー」のアカウントフォローも是非よろしくお願いします。

twitter.com

メディア別の特徴を理解する!

第3章では、下記のメディアについて、それぞれ特徴が紹介されています。
主要なものばかりなので、可能な限り全てを押さえておきましょう。

それぞれ、単純な特徴だけではなく、「広告の特徴」「利用者数」「男女比・年齢別ユーザー数」と「ポイント」が書かれています。
例えばInstagramであれば「ハッシュタグ」、Twitterであれば「効果を上げるコツ」や「トレンドの重要性」などです。
WeChatと微博Weiboはあまり日本人には馴染みがありませんが、簡単にわかりやすくどのようなものかも紹介されています。

一概に「SNS」と言っても、それぞれユーザー層や特徴は大きく異なります。
使う目的にあったSNSを使うことで、より高い効果を得ることができるでしょう。
本書の第3章は本当にわかりやすくまとめて紹介されているので、プロモーションや広報担当者は必読です。

コンテンツ作りのノウハウが集約されている!

第4章は「地域の魅力を伝えるコンテンツ作り」というタイトルの通り、コンテンツ作りのノウハウがまとめられています。

私は最初のページの「タイトルと見出しの重要性」が特に必読パートです。
日頃から多くの自治SNSを見ていても、タイトルに対してこだわりがなさすぎるように感じています。
タイトルや見出しが目に引く内容でなければ、その後の内容はなかなか伝わりません。
皆さんもYahooニュースなどを閲覧する際に、タイトルがよくわからないものやどうでも良いものは特に読みませんよね?
どれだけタイトルや見出しに時間をかけて、しっかりしたものを作るかが目標を達成するためには重要となります。

他にも「写真のポイント」や「表現方法のポイント」「アイデアのヒント」など、コンテンツ作りに必要な知識や手法論が盛りだくさん書かれています。
SNSでの投稿をする担当者は、この章をしっかりと読み込んで実践することから始めてみてはいかがでしょうか?

法律や炎上リスクを知る!

第5章では、最低限押さえておくべき法律や炎上リスクについてまとめられています。
実際に気付く時は、問題が起こってからが多いです。

本書内でも「著作権法」「肖像権」「商標法」「個人情報保護」「公職選挙法」について書かれています。
自治SNSを運用するだけでも、これだけのことに注意をする必要があるのです。
本書では、この5つを関連する部分を抜粋して非常にわかりやすくまとめられています。

また、「炎上」という言葉だけが先行していて、実際にどのようなことかわかっていない人もいます。
本書では、実際の「炎上事例」と「実際の批判」「自治体の対応」を数例掲載しています。
この事例を読むだけでも「炎上ってこういうことを言うんだ」と理解ができるでしょう。

法律や炎上リスクが怖くて、SNSの運用に踏み切れない自治体も多くあるでしょう。
この第5章で知識としてしっかり理論武装しておくことで、SNSを楽しみながら運用することができると思います。

まとめ

まとめ画像

今回は、『自治体広報SNS活用法〜地域の魅力の見つけ方・伝え方』の感想について、ご紹介しました。

本書は、日頃の情報発信に役に立つ実用書な1冊でした。
堅苦しい内容の部分もわかりやすくまとめてくださっているので、非常に読みやすかったです。
知っているようで知らない知識も多くあり、たくさん学ばせていただきました。

SNSは、時代の流れと共に日々新しいものが生まれています。
その中で、まずは「今」をしっかりと捉えながら、「今後の変化」に対応できるよう常にアンテナを張っておくことが大切なのかなと思います。

そして、本当に大切なことは、「伝える」ではなく「伝わる」です。
一つひとつのSNSの投稿をしっかり伝わるものとするために、まずは本書を手にとってみてはいかがでしょうか。

自治体広報SNS活用法〜地域の魅力の見つけ方・伝え方』(著者:清水 将之 氏)

books.rakuten.co.jp

Twitterのフォローも是非お願いします!