地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

全出演者リモート出演!富田林テレビ4月号を生放送しました!

サムネイル画像

私は毎月、富田林テレビのレギュラーナビゲーターとして、インターネットテレビに出演しています。
しかし、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2月と3月は富田林テレビの放送を休止していました。

「いつになったら放送出来るかな?」と思いながら過ごしていたのですが、今回、富田林テレビ4月号をいつもと違う形で生放送を実施することが出来ました。
この放送は、本当に多くの人たちのご協力があっての実現です。

では、どのようにしてどのような内容を放送したのでしょうか?
今回は、全出演者リモート出演した富田林テレビ4月号について、ご紹介します。

Youtubeアカウント「富田林テレビ」のチャンネル登録もよろしくお願いします。

www.youtube.com

そもそも富田林テレビとは?

富田林テレビは、インターネットで生配信している市民参加型の行政番組です。
これは、プロサッカークラブ「FC大阪」との公民連携の取り組みです。
平成29年10月25日に初回放送を行いました。

放送は、毎月最終水曜日の18時からOSAKA愛鑑のWEBサイトで行なっています。
放送終了後には、アーカイブ配信として、Youtubeでも閲覧できるようにしています。

富田林テレビが生まれたきっかけや番組への想いなどのお話については、下記の記事をご覧ください。

naya0708.hatenablog.com

富田林テレビ4月号の内容とは?

では、富田林テレビ4月号の内容について、簡単にご紹介します。
実際の放送は、下記より是非ご覧ください。

youtu.be

前半パート〜新型コロナウイルス感染症対策

前半パートには、市長、健康推進部長、危機管理室長に出演していただきました。
まず冒頭に、新型コロナウイルス感染症について、市長から市民に向けたメッセージとお願いがありました。
公務が大変忙しい中でのご出演、感謝です。

f:id:naya0708:20200428204320p:image
次に、健康推進部長より、新型コロナウイルス感染症についての現状と注意点、そして、ハンカチマスクの作り方のご紹介もしていただきました。
最後には、危機管理室長からは富田林市の取り組み状況や注意点などについて、お話していただきました。

全員が重複してお話されたこともありましたが、いずれも本当に大切なことです。
皆さま、本当に健康にはご注意いただきますようお願い致します。
新型コロナウイルス感染症については、下記の記事をご参照ください。

naya0708.hatenablog.com

前半パートの出演者は、全員ZOOMが初めてでした。
短時間でレクチャーしましたが、皆さんすぐに使いこなしてくださったので、本当に直感的に触れるのがZOOMの良いところだなと感じました。
また、今回の富田林テレビをきっかけに、市役所でZOOMが本格的に導入されれば良いなと思います。

naya0708.hatenablog.com

後半パート〜市民の動画配信などの取り組み

f:id:naya0708:20200428204341p:image

後半パートには、富田林市きらめき創造館Topicロビースタッフと富田林市市民公益活動支援センターにご出演いただきました。
この2つの団体は、新型コロナウイルス感染症が拡大してきた頃にYoutubeアカウントを立ち上げたり、その他の取り組みにもチャレンジしています。

富田林市きらめき創造館Topicは、Youtubeアカウント「トピックロビースタッフ」の活動が活発です。
その他にも、LINEチャットを使った「オンライン自習室」を立ち上げ、家で一人で勉強する学生にエールを送るなどのサポートも積極的に行っています。

www.youtube.com

富田林市市民公益活動支援センターも同じようにYoutubeアカウント「富田林市市民公益活動支援センター」を立ち上げ、自団体をPRしながらも面白いトークが話題を呼んでいます。
また、団体さん向けのZOOM体験会も開催されています。
私も一度参加しましたが、今市民さんとお話しする機会もなかなかありませんので、とても有意義な時間でした。

www.youtube.com

まずは、どちらのYoutubeアカウントへもチャンネル登録を是非よろしくお願いします。
こういう時こそポジティブに楽しんでいきましょう。

プライベート活動が仕事に活きた瞬間!

f:id:naya0708:20200428204400p:image

今回、富田林テレビ4月号の収録は、WEB会議ツール「ZOOM」で行いました。
元々は放送中止を予定していましたが、FC大阪より「リモート配信してみませんか?」とご提案があったことにより実現しました。

まず、富田林テレビ4月号をリモート配信をするにあたり、「どのツールを使うか?」という話になりました。
私自身がZOOMのプロ会員登録していたことや、よんなな会と地方公務員オンラインサロンのおかげでZOOMに使い慣れていたこともあり、富田林テレビ4月号をZOOMで行うことにしました。

community.camp-fire.jp

まさに、プライベート活動で得た知識とノウハウが、仕事に直結した瞬間でした。
プライベートでアクティブに動いていることも、「巡り巡って富田林市のためになっているんだな」と強く感じました。

次に、生放送については、緊急事態宣言の中でも実施すべきかどうかとても悩みました。
しかし、「今だからこそ市民に届けるべき情報がある!」と思い、今回の生放送に至ります。

このように、今回の富田林テレビ4月号は、今までのいろいろなご縁が力となり、放送まで繋がったものです。
改めて、多くの人との繋がりに感謝したいです。

まとめ

まとめ画像

今回は、全出演者リモート出演した富田林テレビ4月号について、ご紹介しました。
ありがたいことに今回のZOOMで放送について、2020年4月24日の産経新聞と読売新聞にも掲載されるなどの注目を浴びました。

こういう時だからこそ、市民に伝えるべき情報発信と受け身にならない姿勢が問われるのかなと感じた生放送でした。
市民参加型の番組として、また多くの方にゲストでお越しいただけるように、継続して放送を頑張っていきたいと思います。

皆さんも是非富田林テレビ4月号をご覧ください。

youtu.be

 

Twitterのフォローも是非お願いします!