地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

いまさら聞けない!「国勢調査2020」とは?

サムネイル画像

5年に一度の「国勢調査」が始まりました。
自治体職員にとっては、選挙事務と同じくらい大きなイベントの一つです。
調査員として一つでも多くの回答を集めるために、街の中を走り回っています。

しかし若手公務員には、「国勢調査」がどういうものか知らない人がいるかもしれません。
私も公務員になり「国勢調査」を実際に行うまでは、どのようなものか知りませんでした。
住民もあまりよくわからずに回答している人もいるかもしれません。

では、そもそも国勢調査とは、どういうものなのでしょうか?
今回は、いまさら聞けない「国勢調査2020」について、ご紹介します。

国勢調査2020とは?

f:id:naya0708:20200915215645j:image

まずは、そもそも国勢調査2020がどういうものかを確認しましょう。

国勢調査」とは?

国勢調査は、統計法に基づいて実施する5年に一度の大型調査です。
対象が「日本国内に普段住んでいる全ての人及び世帯」なので、皆さんのご家庭にも届きます。
この調査の結果をもとに、生活環境の改善や防災計画をはじめとする国や自治体の行政施策の基礎資料となります。
つまり、私たちの生活に欠かせない施策の基礎となるとても大切な調査です。

統計法では、以下のように定められています。

第五条(国勢統計)
総務大臣は、本邦に居住している者として政令で定める者について、人及び世帯に関する全数調査を行い、これに基づく統計(以下この条において「国勢統計」という。)を作成しなければならない。
2 総務大臣は、前項に規定する全数調査(以下「国勢調査」という。)を十年ごとに行い、国勢統計を作成しなければならない。ただし、当該国勢調査を行った年から五年目に当たる年には簡易な方法による国勢調査を行い、国勢統計を作成するものとする。

予備知識ですが、国勢調査は今回で21回目となり、実施100年の節目を迎えます。
また、日本だけで行っているもののではなく、アメリカ、中国、韓国、タイなどの世界各国でも実施しているものです。

調査対象は?

令和2年10月1日現在で、日本国内に普段住んでいる外国人を含むすべての人と世帯が対象になります。
統計法では、調査に回答する義務が定められていますので、必ず回答するようにしましょう。

回答方法と回答期間は?

国勢調査2020では、インターネットによる回答と調査票による回答の2パターンあります。
それぞれで回答期間が異なりますので、ご注意ください。
なお、今回の調査では、新型コロナウイルス感染症対策の観点から「インターネット回答」が推奨されています。

インターネット回答期間:令和2年9月14日(月)から10月7日(水)まで
調査票(紙)での回答期間:令和2年10月1日(木)から10月7日(水)まで

調査事項は?

メモ画像

では、国勢調査2020はどのような調査内容でしょうか?
大きく分けて、「世帯員に関する事項」と「世帯に関する事項」の2つに分けられます。

●世帯員に関する事項

  • 氏名
  • 男女の別
  • 出生の年月
  • 世帯主との続柄
  • 配偶の関係
  • 国籍
  • 現在の住居における居住期間
  • 5年前の住居の所在地
  • 在学、卒業等教育の状況
  • 就業状態
  • 所属の事業所の名称及び事業の種類
  • 仕事の種類
  • 従業上の地位
  • 従業地又は通学地
  • 従業地又は通学地までの利用交通手段

●世帯に関する事項

  • 世帯の種類
  • 世帯員の数
  • 住居の種類
  • 住宅の建て方

「かたり調査」にご注意を!

国勢調査は、電話やメールで依頼したり、個人や世帯の情報を収集することはありません。
また、預金や収入などに関する調査事項もありません。
もしも電話で家族構成や就業地、収入や銀行口座・クレジットカードなどのお金に関することなどを聞かれたら、答えないように気をつけましょう。

不審に思われた場合には、お住まいの都道府県の統計主管課までお問い合わせください。

国勢調査で何がわかるのか?

先ほども少し触れましたが、国勢調査の結果は生活に欠かせない行政施策の基礎資料として活用されます。
例えば、少子・高齢化対策や防災対策、雇用対策、衆議院議員選挙区の改定や地方交付税の算定のための基礎資料などです。
特に「地方交付税の算定」は、自治体の収入に直結する話です。
一人ひとりの回答が、自治体にとって大きな影響があるということを認識しておきましょう。

www.kokusei2020.go.jp

www.kokusei2020.go.jp

国勢調査2020の流れ!

国勢調査画像

では、国勢調査2020はどのような流れで行われるのでしょうか?
一つずつ確認していきましょう。

調査票の配布!

9月14日(月)から、調査員が各お宅へ訪問し、調査書類を郵便受けに入れるなどの方法で配っています。
回答はできる限りインターネットでお願いします(郵送も可能です。)。
調査完了後は、すべての調査票が総務省統計局に集められ、独立行政法人統計センターで集計されます。

回答方法は2種類!

国勢調査の回答方法は2種類あります。
今回は、新型コロナウイルス感染症対策や効率性の観点から、インターネット回答へのご協力がお願いされています。

インターネット回答!

ご自宅に調査票が届いたら、国勢調査の回答サイトにアクセスしましょう。
あとは、画面の案内にそって回答するだけです。
紙で回答するよりも簡単に回答することができるので、とてもおススメです。

www.e-kokusei.go.jp

郵送での回答!

インターネットでの回答が難しい場合は、調査票を使って回答します。
調査票に必要事項を記入し、回答期間内に郵送で提出しましょう。
もしも10月7日(水)までに回答が確認できない場合は、調査員からご連絡又は訪問があるかもしれません。

調査票の確認・集計作業!

10月8日(木)から20日(火)を目処に、調査票の記入漏れや誤りなどの確認作業を行います。
その後、最終的にはコンピュータによる集計を行います。

みんなが心配する「個人情報漏洩対策」と「罰則」!

疑問画像

では次に、「個人情報漏洩対策」と「罰則」について、簡単にご紹介します。

個人情報漏洩の心配はないのか?

まず大前提としてきちんとお伝えしておきたいことは、国勢調査関係者は,調査票の情報を他に漏らしたり,統計以外の目的に使用することはありません。
なぜなら、統計法で固く禁じられているからです。

また、不正なアクセスなどの監視も24時間行われています。
インターネットでの入力情報もログイン画面以降は、すべて暗号化されているため、回答データは厳重に守られます。

回答しないと罰則はあるのか?

国勢調査は「統計法」という法律に基づいて実施されます。
統計法の第13条には、以下のとおり書かれています。

十三条(報告義務)
行政機関の長は、第九条第一項の承認に基づいて基幹統計調査を行う場合には、基幹統計の作成のために必要な事項について、個人又は法人その他の団体に対し報告を求めることができる。
2 前項の規定により報告を求められた個人又は法人その他の団体は、これを拒み、又は虚偽の報告をしてはならない。
3 第一項の規定により報告を求められた個人が、未成年者(営業に関し成年者と同一の行為能力を有する者を除く。)又は成年被後見人である場合においては、その法定代理人が本人に代わって報告する義務を負う。

つまり、国勢調査の対象者は「報告を求められた個人」となります。
そのため、「報告を求められた個人は、これを拒み、又は虚偽の報告をしてはならない」ということになるため、全員に報告の「義務」があります。

そして、国勢調査を拒否したり嘘をついた場合には、罰則規定があります。
簡単に言えば、50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

第六十一条
次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。
一 第十三条の規定に違反して、基幹統計調査の報告を拒み、又は虚偽の報告をした個人又は法人その他の団体(法人その他の団体にあっては、その役職員又は構成員として当該行為をした者)

例え国勢調査の調査票を白紙で郵送回答した場合であっても、世帯番号から特定されます。
また、住基ネットからでも個人情報を特定することが出来るので、きちんと漏れなく回答しておく方が良いでしょう。

まとめ

サムネイル画像

今回は、いまさら聞けない「国勢調査2020」について、ご紹介しました。

国勢調査は、衆議院議員選挙の選挙区の区割りや地方交付税の算定など、とても大きな影響をもちます。
そのため、住んでいる自治体にとって大切なものだということを認識しておきましょう。
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、スマートフォンなどのインターネットを使った回答が呼び掛けられています。

また近年の課題としては、プライバシーの観点から調査票の回収が難しく、調査員の不足が深刻だということです。
そのため、全国各地の自治体職員も「調査員」として走り回っています。
私たちも本業務とは別で国勢調査を行っていますので、どうか皆さま、回答へのご協力をお願いいたします。

その他、よくある質問は以下をご参照ください。

www.kokusei2020.go.jp