地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

【2020年】私のブログで読まれた記事ベスト5!

サムネイル画像

もうすぐ2020年も終わりを迎えます。
この1年間、不定期にブログを更新していたにも関わらず、多くの方にご覧いただき、感謝しています。
皆さん、いつもありがとうございます。

現在では、本ブログは約130記事をアップしており、1日平均700から1,000ビューがあり、月間で25,000から30,000の閲覧があります。
その中でも、特によく読まれている記事があります。

では、どのような記事が読まれているでしょうか?
今回は、令和2年の私のブログで読まれた記事ベスト5について、ご紹介します。

2020年ベスト5記事発表!

ベスト5画像

では早速、2020年に読まれた記事ベスト5を発表します。
是非全部じっくりご覧ください。

5位:公務員Youtuber対談の記事!

naya0708.hatenablog.com

第5位は、公務員Youtuberであるはらしょーさんと中西さんの対談記事です。
10月上旬に、はらしょーさんと2人で中西さんのいる島根県を訪問して実現したものです。

公務員Youtuberのきっかけや地方公務員としての想いなど、とても熱量のある2人の熱い記事です。
私もとても良い刺激をいただきました。
皆さん、是非ご覧ください。

なお、以下のYoutubeでは、対談の様子をご覧いただくことが出来ます。

www.youtube.com

4位:富田林市の概要記事!

naya0708.hatenablog.com

第4位は、富田林市の概要をまとめた記事です。
富田林市のことを全く知らない人向けに、魅力ポイントや基礎情報を整理したものです。
私のブログを通じて、富田林市のことを多くの人に知ってもらうきっかけになっているのは、本当に嬉しいです。

しかし、まだ一つひとつの詳細記事を書けていないことに気付きました。
第4位ということでニーズもあると信じて、また富田林市の魅力紹介記事を書かせてもらいたいです。

3位:20代前半で出向した時のエピソード記事!

naya0708.hatenablog.com

第3位は、大阪府庁に出向した時に感じた出向のメリットとデメリットの記事です。
この記事が3位に上がっているのは、正直意外でしたが、「出向」に対して興味関心のある人が多いのかなと感じました。
20代前半で出向させてもらうという貴重な経験をさせてもらっているので、この経験が誰かの役に立てば嬉しいです。

私の結論としては、所属する自治体以外の「外の世界」を見ることに価値があると感じています。
なかなか出向する機会を得ることは難しいかもしれませんが、出向した際には様々な繋がりを通じて、多くの刺激や経験を積んでみてください。

現在では、オンラインを通じて簡単に多くの繋がりと経験、ノウハウの蓄積が出来る場所も増えていますので、そちらにも是非ご参加ください。

community.camp-fire.jp

online-shiyakusho.jp

2位:地域手当に関する記事!

naya0708.hatenablog.com

第2位は、地域手当の制度紹介に関する記事でした。
地域手当は、知っているようで知らない公務員が多いのではないか?と考えて書いた記事です。
おそらく、そのニーズに添えた記事なのかなと思いました。

地域手当は、地方公務員の給与にも大きく影響します。
全国的に0%の自治体は多いですが、都市部であれば地域手当に期待できます。
もしこれから地方公務員を目指される場合は、地域手当の金額を一つの参考数値として見比べてみるのも良いかもしれませんね。
是非気になる自治体の地域手当をチェックしてみてください。

1位:高卒30歳地方公務員のリアルな給与記事!

naya0708.hatenablog.com

第1位は、高卒採用10年目30歳の私のリアルな給与明細を公開した記事でした。
先ほどの地域手当と同様に、給与に関する内容は気になる人も多いのでしょう。

特に公務員志望の方々にとっては、貴重な情報になるのではないかと思います。
実際に、公務員志望の学生に聞かれる内容としても、トップ5に入る内容でした。

naya0708.hatenablog.com

しかし実際は、各自治体の給与条例により、微妙に異なります。
そのため、志望先の自治体の給与条例を確認してみることをおススメします。

【番外編】地方公務員オンラインサロンのイベントレポートシリーズ

naya0708.hatenablog.com

地方公務員オンラインサロンで7月より毎月実施している「教えて!みんなの仕事!新規参加者歓迎交流会」のレポート記事も、コンスタントに閲覧数が多いです。

地方公務員オンラインサロンとは、地方自治体を応援するメディア「Heroes of Local Government(HOLG「ホルグ」)」を運営する株式会社ホルグが行っている月額1,800円の有料コミュニティです。
その中で、新しく地方公務員オンラインサロンに参加された方を迎えて交流する場としつつ、みんながどのような仕事をしているのかを15分程で話をしてもらう場を作り、各回レポート記事として作成しています。

現役地方公務員の実務のことを書いていることもあり、閲覧数が全体的に多くなっています。
おそらく公務員志望の方々が見ているのかなと想定していますが、とても勉強になることも多いので、是非ご覧ください。

まとめ

まとめ画像

今回は、令和2年の私のブログで読まれた記事ベスト5について、ご紹介しました。

本ブログの記事は、一つひとつ私にとってとても大切な記事です。
その時の私の考えや想いを書き残しているので、これからの私の財産になるでしょう。
そんな記事を、これからも皆さんと共有出来れば嬉しく思います。

2021年も変わらず更新していきますので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

naya0708.hatenablog.com