地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

ライター100人カイギ登壇!地方公務員ブロガーの私がお話した内容と参加して得た気付きとは?

サムネイル画像

令和3年4月21日に「ライター100人カイギ vol.15」が開催されました。
「ライター100人カイギ」は、現役ライターやライティングに関わる仕事をされている方々からお話を聞き、ゆるく交流するイベントです。

今回、私は「地方公務員ブロガー」としての登壇の機会をいただきました。
短時間ではありましたが、主に以下の2つをお話しました。

  • 地方公務員ブロガーになるきっかけや活動に対する想い
  • 地方公務員ブロガーとして普段意識していること

そして、私以外にも4名の方が登壇し、貴重なお話を聞くことができました。
最後には、「ライター」や「ライティング」をキーワードに集まった人たちとの交流の時間も設けられました。
全体を通して、私にとって、一つの財産となるようなイベントとなりました。

では、どのようなイベントだったのでしょうか?
今回は、「ライター100人カイギ」に登壇して、私がお話した内容と参加して得た気付きについて、ご紹介します。

「ライター100人カイギ」とは?

100人カイギ画像

(画像:「100人カイギ」ホームページより)

まずは、そもそも「100人カイギ」がどういうものか、そして、今回の「ライター100人カイギ」のイベント概要について、ご紹介します。

そもそも「100人カイギ」とは?

「100人カイギ」とは、会社、組織、地域に身近な人同士のゆるいつながりを作るコミュニティ活動です。
共通のキーワードで新しい繋がりを作ることができる、とても素敵なコミュニティです。
公式ホームページでは、以下のように紹介されています。

「100人カイギ」は、街で働く100人を起点に人と人とをゆるやかにつなぎ、 都市のあり方や価値の再発見を目的とするコミュニティです。ルールは簡単。毎回、身近で面白い活動をしている5名のゲストの話を聞く。ゲストが100名に達したら解散する。100人100様の生き方に触れることで、いつもの景色が少し違って見えてきます。

youtu.be

「100人カイギ」といっても様々で、今回私が登壇させてもらったようなテーマ別のものや地域別、また、SDGsなどのコラボシリーズがあります。
もしかしたら、あなたの地域でも開催されているかもしれませんので、ぜひ公式ホームページをチェックしてみてください。

100ninkaigi.com

「ライター100人カイギ」の趣旨!

では次に、「ライター100人カイギ」について、ご紹介します。

冒頭でもご紹介した通り、「ライター100人カイギ」は、現役ライターやライティングに関わる仕事をされている方々からお話を聞き、ゆるく交流する場です。
現在の仕事や活動内容、そして、想いを聞くことができたので、とても熱い場でした。

  • ゲストトーク(10分×5名)
  • 質問・交流タイム

そして、私にとっては、久しぶりの異業種交流の場でもありました。
また、私自身とても興味のある分野なので、ライターをされている方々と繋がれただけでも、有意義な時間を過ごせました。

100ninkaigi.com

今回の登壇で私がお話したこと!

ライター100人カイギ画像

次に、今回の登壇で、地方公務員ブロガーの私がお話したことを、簡単にご紹介します。
持ち時間が10分だったので、要点だけお話させてもらいました。

地方公務員ブロガーを始めるまで。

まずは、地方公務員ブロガーを始めるまでのお話です。

私は、2019年10月から本ブログを開始し、「地方公務員ブロガー」を名乗って活動しています。
本ブログを始めたきっかけとして、当初は2つの想いを持っていました。

地方公務員の仕事には、「文章力」が欠かせません。
これからの地方公務員生活のことを考えた時に、「文章力」は伸ばす必要のある能力だと気付き、今のうちに向上させたいと考えていました。

また当時は、実名でブログを運用している地方公務員がほとんどいませんでした。
そこで私は、「地方公務員ブロガー」と名乗ることで「地方公務員の納」を世の中に知ってもらい、私を通じて「富田林市」を知ってもらうきっかけになるのではないか、と考えました。

この2つの想いを持ちながら約半年間の準備を経て、このブログを開設しました。
そして現在は、主なターゲットを「全国の公務員」や「公務員志望の学生」と考えており、一記事でも多く届けるように、日々精進しています。

naya0708.hatenablog.com

地方公務員ブロガーとしての活動。

次に、地方公務員ブロガーとして活動する中で、実際に私の身に起きた変化をお話しました。

私の一番大きな変化は、多くの方から声をかけてもらえるようになったことです。
現役公務員、公務員志望の学生、民間企業の広報、メディア、市民など、ありがたいことに様々な方から日々メッセージをいただいております。
今回の「ライター100人カイギ」も、まさにその一つのご縁から登壇が決まりました。

また、私は「地方公務員ブロガー」の活動を通じて、文章力の向上の実感や繋がりの創出、そして、行動喚起などの多くのことも体感しています。
先ほども述べましたが、私は全てが「富田林市」に繋がれば良いという考えです。
「文章力の向上」も「セルフブランディング」も、根幹は「富田林市のため」です。
これからも「富田林市」のために、活動を継続させたいと思います。

また、以下の2点のお話は、時間都合上、割愛しました。
機会があれば、改めて、読者のみなさまにもお伝えさせていただきます。

  • なぜ「地方公務員ブロガー」を名乗ったのか?
  • 投稿している記事のジャンル

naya0708.hatenablog.com

地方公務員ブロガーを継続して得た気付き。

最後に、地方公務員ブロガーを継続して得た気付きのお話です。

ブログ記事を投稿する中で、「この記事は伝わっていない。」と思う時が多々ありました。
最初は原因があまり分かっていませんでしたが、ブログを継続している中で、「「伝える」と「伝わる」は違うもの!」という気付きを得ることができました。

私はこの課題を解決するために、「客観的な視点」を磨くトレーニングを行っています。
レーニング内容は、主に以下の3つです。

  • 仕事:自分が作成した文書や資料を、他人のものと思って読む!
  • プライベート:自分のSNSの投稿を、他人の投稿と思って読む!
  • 全般:自分の発言を、相手に言われたと思い受け止めてみる!

つまり、読む人のことを考えて書く力をつけるものです。
この力を身につけることで、本当に「伝わる」文章が書けると信じています。
そして現在、このトレーニングを続けることで、文章力が変わっている実感もあります。
ぜひ皆さんも、一度実践してみてください。

naya0708.hatenablog.com

「ライター100人カイギ」に参加して得た気付き!

ライター100人カイギ画像

私は、今回の「ライター100人カイギ」に参加して、大きく3つの気付きを得ることができました。

  • 活動の原点の振り返り
  • 異業種の方々と交流する楽しさ
  • ライティングに対する考え方

特に、「地方公務員ブロガー」を名乗り始めた当初の想いを振り返り、また、違う視点を持ったライターと繋がれたことで得た「気付き」は、将来の財産となり得るものでした。
「ライター100人カイギ」で得た気付きを自分が持つ夢や想いと混ぜ合わせて、これからの自分の更なる活動に繋げていきたいと思います。
みなさんもぜひ、今行なっている活動の原点を振り返ってみてください。

また、今回の「ライター100人カイギ」に参加しながら、この「100人カイギ」を富田林市でも出来ないかなと、少し考えています。
「富田林市」をキーワードに、市民や企業の方がフラットに繋がれる場をイメージしました。
開催については、一緒に活動している仲間に聞きながらではありますが、異業種の人との繋がりから生まれる新たな可能性を感じたとても有意義で楽しい時間でした。

naya0708.hatenablog.com

まとめ

まとめ画像

今回は、「ライター100人カイギ」に登壇して、地方公務員ブロガーの私がお話した内容と参加して得た気付きについて、ご紹介しました。

これまで地方公務員ブロガーとして、ゆるく執筆活動を続けてきました。
そして、ブログを始めた当時は、「ライター100人カイギ」のような素敵な場から声がかかるとは夢にも思っていませんでした。
更に最近は、若手の地方公務員をはじめとする多くの方から、ダイレクトメッセージを頂く機会もとても増えました。
その全てが、ブログを通じて生まれたご縁です。

私は「地方公務員ブロガー」の活動を通じて、改めて、何事も「継続」が大切なのだと強く実感しました。
今後も週2記事程度で継続して更新をしていきますので、引き続き、みなさんどうぞよろしくお願いします。

naya0708.hatenablog.com