地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

独自の支援制度!富田林市創業支援補助金とは?

サムネイル画像

「創業を検討されているみなさん、富田林市で創業しませんか?」

富田林市では、市内での創業希望者が創業までに必要な設備費・広告宣伝費の一部を、最大で50万円補助する「富田林市創業支援補助金」制度があります。
補助率は2分の1ですが、創業をすることによる市内産業の発展や雇用創出の狙いがあります。

では、どのような制度で、どのような手続きが必要なのでしょうか?
今回は、富田林市独自の支援制度でもある「富田林市創業支援補助金」について、ご紹介します。

富田林市創業支援補助金の概要と申請!

パソコンを触る女性の画像

富田林市には、市内産業の発展と地域雇用の促進を図ることを目的に、富田林市創業支援補助金制度が設けられています。
まずは、この補助金の概要と申請方法について、ご紹介します。

補助金

まずは、補助金額を確認します。

なんと、富田林市創業支援補助金額は、補助対象経費の2分の1以内で、最大 550万円となっております。
1事業者1回限りのものではありますが、創業時に何かとお金が足りないときには、とてもありがたい補助金ではないでしょうか?
私の知人も利用したことがあるそうですが、とても助かったとのお話でした。

なお、注意点としては、富田林市創業支援補助金の申請は、「創業支援セミナー」への参加が必要となります。
創業セミナーについては後述しますので、合わせてご確認をお願いします。

補助対象経費

次に、認められる補助対象経費について、確認しましょう。
大きく分類して、以下の2つが対象となります。

  1. 設備経費 ・店舗または事業所の開設に伴う工事費用
  2. 広告宣伝経費 ・販路開拓に係る広告宣伝に必要な経費

設備経費や工事費用は、言葉の通り、お店の内装に係る工事や必要設備を整えるための費用です。
そして、広告宣伝経費は、維持管理費を除くチラシやパンフレット印刷費等、ホームページ作成に係る経費などです。

naya0708.hatenablog.com

補助対象者

次に、補助対象者について、確認しましょう。
富田林市創業支援補助金の対象者は、以下の全てに該当する者となっています。

  1. 本社機能を有する事業所等を本市内に設置する者。
  2. 申請時点において創業の日を迎えていない者。
  3. 営利を目的とした事業を行う者。
  4. 産業競争力強化法に基づき本市が策定した創業支援事業計画による支援を受けており、本市により特定創業支援の証明書又は確認書の発行を受けている者。
  5. 許認可等を必要とする業種にあっては、当該許認可等を受けている者。
  6. 中小企業信用保険法施行令第1条第1項に規定する業種を行う者。
  7. 店舗、事業所等の開設に伴う工事を行う者は、建築基準法、消防法その他関係法令を遵守するものであること。
  8. 週4日以上営業活動を行う者。
  9. 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項に規定する営業でない者。
  10. 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがない業種である者。
  11. 犯罪等の違法な行為を手段としない者。

なお、これらのいずれにも該当した場合であっても、必ず補助金の対象になるとは限らないそうです。

申請書類

では、どのような申請書類が必要となるでしょうか?
市公式ウェブサイトでは、以下のように書かれていますので、ご参考にしてください。

  1. 補助対象経費の見積書
  2. 事業の内容が分かる書類(事業計画書や仕様書など)
  3. 特定創業支援の証明書または確認書
  4. 住民票の写し
  5. 市税に滞納がないことの証明書(納税証明書等) 
  6. 登記事項証明書の写し【自己所有】
  7. 賃貸契約書の写し【賃貸】
  8. 週4日以上営業を行う旨の宣誓書
  9. 風俗営業等を行わない旨の宣誓書【飲食店のみ】

これらを、富田林市役所の商工観光課商工労働係宛に提出すれば、申請手続き完了となります。
なお、場合によっては、これらの書類以外の添付を求められることもあるそうです。
書類数としては意外と多くないので、めんどくさがらずに整えてみてください。

naya0708.hatenablog.com

補助金を受けるために受講必須の「創業支援セミナー」とは?

セミナーイメージ画像

次に、富田林市創業支援補助金を受けるために受講しなければならない「創業支援セミナー」について、ご紹介します。

「自分でお店を開きたい!」
「どのぐらいの費用が必要?」
「お客さんがたくさん来てくれる方法は?」

このような想いを持った方々にとっては、少しでも解決できる場となるでしょう。
創業する上で必要な基礎知識を学べる場となっていますので、多くの人に参加してもらいたいです。

セミナー概要

創業支援セミナーでは、創業に必要な基礎知識となる経営・財務・人材育成・販路開拓の4つの分野の知識を学ぶことができます。
それぞれの専門家が講師となり、1回約2時間のセミナーを全4回開催し、創業に関する知識を習得するものです。

富田林市での創業を検討されている方は、富田林市と羽曳野市で年4回開催されているため、日程を確認して、参加しやすいタイミングで参加してみてください。
このセミナーを受講することで、申請書類の一つである「特定創業支援の証明書」を得ることが出来ます。

特定創業支援の証明書

特定創業支援の証明書は、創業支援セミナーを受講するなどで発行されます。
この証明書を保有することで、以下の6つを受けることが出来ます。

  • 富田林市創業支援補助金
  • 富田林市創業支援融資利子補助金
  • 「新創業融資制度」の要件緩和
  • 新規開業資金の貸付金利引き下げ
  • 登録免許税が軽減
  • 創業関連保証の早期利用開始

事業を営んでいない創業を行う予定または創業5年未満の人で、半年以内に創業を行う具体的な計画を持っている人が対象となります。
また、創業支援セミナーを受講した年度の翌年度末までに、申請する必要があります。

証明書の有効期限は、令和3年4月末現在に発行した場合、令和4年3月31日までとなります。
この証明書で上記の制度の適用を受ける場合は、有効期限内にそれぞれ申請することを忘れないようにしましょう。

令和3年度の創業支援セミナー開催スケジュール!(4月末現在情報)

●第1回(定員に達しています)
1日目:4月30日(金曜日)
2日目:5月7日(金曜日)
3日目:5月14日 (金曜日)
4日目:5月28日(金曜日)
いずれも14時から16時で、富田林商工会館2階会議室で開催予定。

●第2回
1日目:6月10日(木曜日)
2日目:6月17日(木曜日)
3日目:7月1日 (木曜日)
4日目:7月8日(木曜日)
いずれも14時から16時で、LICはびきの視聴覚室で開催予定。

現在決まっているのは、ここまでです。
第3回と第4回については、令和3年4月現在、日時未定となっております。
また、現在の開催予定についても、新型コロナウイルス感染症の拡大により、予定が変更される場合があります。

最新の情報は以下にて更新されますので、ご確認をお願いします。

www.city.tondabayashi.lg.jp

まとめ

f:id:naya0708:20210325234455j:plain

今回は、富田林市独自の支援制度でもある「富田林市創業支援補助金」について、ご紹介しました。

私もこの4月に商工観光課に所属するまでは、富田林市創業支援補助金のことをあまり知りませんでした。
しかし、改めて確認すると、これからの富田林市の産業にとっても、とても大きな可能性を秘めた支援制度です。
また、創業支援セミナーで基礎知識も学ぶことができるだけではなく、他にも個別支援事業として、商工会の経営指導員が経営・財務・人材育成・販路開拓の個別相談も行われています。

ぜひ創業をされる際は、多くの方に富田林市を選択していただき、この補助金をうまく活用してもらえたらと思います。
手続きや細かいお問い合わせは、「富田林市産業まちづくり部商工観光課商工労働係(0721ー25ー1000)まで、お電話ください。

▼要綱

www1.g-reiki.net

naya0708.hatenablog.com