地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

【2022.12.28更新終了】地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

ポジティブ思考を保つために私が意識している4つのこととは?

サムネイル画像

「納さんって、いつもポジティブですよね!」
「ネガティブな気持ちにならないんですか?」

私は、多くの友人や知人から、このようなことを多々言われます。
もちろん、私も一人のヒトなので、ポジティブにもネガティブにもなります。
しかし、基本的な姿勢として、ポジティブ思考を意識的に保つようにしています。

では、どのようにしてポジティブ思考を保つようにしているのでしょうか?
今回は、ポジティブ思考を保つために私が意識している4つのことについて、ご紹介します。

ポジティブ思考を保つために私が意識的に取り組んでいる4つのこと!

ビジネスマン挑戦画像

早速ですが、ポジティブ思考を保つために私が意識的に取り組んでいる4つのことをご紹介します。
もし「私にもできそう!」と思っていただければ、最初は一つずつ実践してみてください。

成功体験を思い出す!

まずは、成功体験を思い出すことです。
私は、成功体験を「人生のセーブポイント」という位置付けをしています。

例えば、何かに失敗して気分が落ち込んだとします。
過去の成功体験を思い出すことで、その時のモチベーションや高揚感を自分の心の中に蘇らせることが出来ます。
つまり、成功体験は、自分の気持ちを前向きにするための一つのポイントとなり得るのです。

成功体験は、大きいものでも小さいものでも構いません。
自分が少しでも喜びや達成感を感じたものであれば、「成功体験」と定義付けても良いでしょう。
もしあなたがネガティブな気持ちになった時は、成功体験を思い出して、その時の気持ちを蘇らせてみてください。

naya0708.hatenablog.com

自分だけのストレス発散方法を知る!

次に、自分だけのストレス発散方法を知ることです。

ネガティブな気持ちになる一つの大きな要因として、仕事などによるストレスの蓄積が考えられます。
ストレスの蓄積を少しでも解消することで、確実に一歩ずつポジティブな思考に繋げることが出来ると、私は考えています。

しかし、まだまだ多くの人が、自分のストレス発散方法を確立できていません。
まずは、「これをすれば、必ずストレス発散が出来る!」というものを見つけることが、非常に重要です。
そのストレス発散方法を1週間のルーティンに組み込むことで、少しても気持ちの良い1週間を過ごすことに繋がるでしょう。

また、ストレスを完全に解消することは、非常に難しいです。
そこで私は、「ストレスをなくす」のではなく、「ストレスとどのように付き合うか」を意識しています。
自分だけのストレス発散方法を通じて、ストレスとの付き合い方を模索してみてください。

naya0708.hatenablog.com

仲間と喜びを分かち合う!

次に、仲間と喜びを分かち合うことです。

喜び、感動、達成感、共感を仲間と分かち合うことで、気持ちを前に向けることができます。
自分一人では小さな喜びでも、複数人でその喜びを分かち合ってみてください。
感動も達成感も数倍に膨れ上がり、より前向きな気持ちになることができるでしょう。

また、暗いニュースや愚痴を、意識的に話題にしないこともポイントです。
ネガティブな話題は、自分や周りの気持ちもネガティブな方向へ誘導させてしまいます。
そのため、雑談であったとしても、意識的に良いニュースや明るいニュースを話題にすることも大切です。

簡単に取り組める最初の一歩としては、暗いニュースや愚痴を話さないことから始めてみてください。
そして、明るいニュースや自身の喜び、他人の喜びを仲間たちとシェアし、共感を得ることで、よりポジティブで笑顔が多くなる生活となっていくと、私は考えています。

naya0708.hatenablog.com

ポジティブな人たちと付き合う!

最後に、ポジティブな人たちと付き合うことです。

先ほどからポジティブな気持ちの持ち方をお話していますが、実は、私も昔はネガティブ思考が中心の人間でした。
しかし、勇気を出して、強引に華々しいポジティブな人たちとの付き合いを増やしたことで、自分の考えている悩みや想いが小さなものと感じるようになりました。

もちろん華々しいポジティブな人たちの考え方や思考に対して、「ついていけない」や「嫉妬」などの気持ちを持つこともあります。
しかし、ポジティブな人たちとの付き合いを継続する中で良い刺激を受け、私の中でも少しずつ考え方が変わりました。

つまり、ポジティブな人たちと「付き合い続ける」ことが、一つの大きなポイントなのではないかと、私は考えています。
今では、Zoomなどを通じたオンラインセミナーや交流会で簡単に繋がることが出来る時代となりました。
まず最初の一歩として、そのような場に出てみることから初めてみてはいかがでしょうか?

naya0708.hatenablog.com

ポジティブ思考を保ち続けて変わったこと!

ガッツポーズ画像

私が「ポジティブ思考」を意識的に取り組み続けて、変わってきたことがあります。
簡単にまとめると、以下のようなことです。

  • 全体的にパフォーマンスが上がった!
  • 様々な知識や経験を得る機会が増えた!
  • 周りとの人間関係が良好になった!
  • 下を向いて歩かなくなった!

もちろん、毎日がポジティブ思考というわけではありません。
しかし、過去と比較しても、圧倒的に今の自分の方がポジティブ思考を保ち続けることができており、ポジティブ思考の継続によるメリットを多く感じています。

特に、人間関係や人との付き合い方は、大きく変わりました。
私の場合は、長い付き合いの知り合いから「昔よりも表情が柔らかくなった」と言われます。
多くの人と良好な関係を築くことで、困った時に助けてもらう機会も増えています。
しかし、ポジティブ思考を意識的に保ち続けるにあたり、2つの注意点があります。

  • 無理をしないこと
  • 体力の限界を超えないこと

ポジティブ思考を意識的に保ちたいとしても、この2つが崩れると意味がありません。
無理をして頑張って体調を崩してしまうことで、より深いネガティブ思考に陥ってしまう可能性もあるのです。
そのため、自分のペースで無理なく一歩ずつ取り組むことが重要だと言えます。

まとめ

まとめ画像

今回は、ポジティブ思考を保つために私が意識している4つのことについて、ご紹介しました。

ポジティブ思考を保ち続けることで、過去の自分と比較しても、全体的にパフォーマンスが上がっていることを実感しています。
もちろん、時にはネガティブ思考になり、気分が落ち込むこともあります。
しかし、ネガティブ思考を短時間で抜け出すためにも、ストレス発散方法やその他の自分なりの解消術やルーティンを見つけることが、大切なのでしょう。

いきなりポジティブ思考を保つということは、とても難しいことです。
私からのアドバイスとしては、自分の中で「ポジティブになれるポイントやタイミング」を探して、それをうまく日常のルーティンに組み込んでいけば良いのではないかと思います。
まずは一つずつ、自分に出来ることから取り組んでみてください。

naya0708.hatenablog.com