地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

約450年間残る町並み!映画のロケ地にもなった「富田林寺内町」とは?

サムネイル画像

大阪府内で唯一、「重要伝統的建造物群保存地区」という国の指定地区に指定されている富田林寺内町(とんだばやしじないまち)をご存知でしょうか?

富田林寺内町は、大阪市内から約30分の場所に位置しています。
古い町並みが残っているだけではなく、古民家カフェや雑貨屋なども多く営業しています。
私もよく訪れますが、まるで江戸時代にタイムスリップしたような体験をすることができる自慢の地区です。

では、どのような場所なのでしょうか?
今回は、約450年間残る町並みで、映画のロケ地にもなった「富田林寺内町」について、ご紹介します。

富田林寺内町とは?

疑問画像

まずは、富田林寺内町のことを知らない人のために、概要をご紹介します。
詳細は、以下のサイトでよくまとまっていますので、こちらをご参考にしてください。

www.city.tondabayashi.lg.jp

富田林寺内町の成り立ちとは?

まずは、富田林寺内町の成り立ちについてです。

富田林寺内町の歴史は、約450年前から始まります。
戦国時代に「興正寺別院」が建立され、その周りに屋敷が建てていかれました。
約400×350mの平地に、東西7町南北6筋の道路が整備された興正寺別院を中心とした「宗教自治都市」として発展しました。

富田林寺内町は、酒造、米、木材などの交易の中心地である「商業地」として、江戸時代に繁栄しました。
現在は、江戸時代から昭和初期当時の商家が軒を連ねており、時代劇のセットのようなとても美しい景観を、肌で体感することができます。

naya0708.hatenablog.com

私が富田林寺内町への訪問を特におすすめしたい人たち!

次は、私が富田林寺内町への訪問を特におすすめしたい人たちについてです。
私の個人的な想いではありますが、ぜひ以下のようなみなさんは、富田林寺内町へお越しください。

  • 街歩きが好きな人
  • 非日常的な空間で過ごしたい人
  • 旅行気分を味わいたい人
  • 写真、カメラが好きな人
  • スケッチが好きな人
  • 家族やカップ

特に、「非日常的な空間」は、とても強く感じることが出来ます。
まるで時代劇の中に飛び込んだような、とても心地良い空間です。

富田林寺内町へのアクセス方法は?

最後は、富田林寺内町へのアクセス方法です。

富田林寺内町は、大阪市天王寺区から約30分ほどの距離にあります。
以下をご参考にしていただき、是非お越し下さい。

1.大阪メトロ御堂筋線「梅田駅」から「天王寺駅」(約15分)
2.大阪メトロ御堂筋線天王寺駅」から近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅」まで徒歩(約3分)
3.近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅」から近鉄長野線富田林駅」(約30分)
※途中、古市駅での電車切り離しや乗り換えに注意。
4.近鉄長野線富田林駅」から富田林寺内町まで徒歩(約3分)

車でお越しの場合でも、梅田から約60分で着きます。
富田林寺内町周辺には、コインパーキングが点在しているため、探せば簡単に見つかると思います。
私がおすすめする駐車場は、「富田林市営東駐車場」です。

www.city.tondabayashi.lg.jp

富田林寺内町で必ず押さえておきたい2つのキーワード!

ポイント画像

富田林寺内町には、見どころのポイントがたくさんあります。
ここでは、富田林寺内町で必ず押さえておきたい2つのキーワードをご紹介します。

大阪府内で「唯一」の重要伝統的建造物群保存地区

1つ目は、重要伝統的建造物群保存地区です。

富田林寺内町は、大阪府内で「唯一」の重要伝統的建造物群保存地区です。
重要伝統的建造物群保存地区とは、文化庁で以下のように説明されています。

昭和50年の文化財保護法の改正によって伝統的建造物群保存地区の制度が発足し,城下町,宿場町,門前町など全国各地に残る歴史的な集落・町並みの保存が図られるようになりました。(中略)我が国にとって価値が高いと判断したものを重要伝統的建造物群保存地区に選定します。
(引用:文化庁伝統的建造物群保存地区」)

つまり、大阪府内で唯一、国にとって価値が高いエリアであるということです。
長い名称なので覚えることもなかなか難しいですが、ぜひ言えるようになってみてください。

大阪で3つしかない「日本の道100選」の一つがある!

2つ目は、日本の道100選です。

富田林寺内町には、「城之門筋」という中心的な道があり、「日本の道100選」に選ばれています。
約400mの短い道ですが、その風景や雰囲気がとても素晴らしく、富田林寺内町のメインとなる道です。

しかも、この「日本の道100選」は、大阪府内に3つしかありません。
知名度の高い大きな2つの道と同等の位置づけというのは、富田林市民におって、大きな誇りです。

naya0708.hatenablog.com

富田林寺内町における近年のまちの変化!

ポイント画像

富田林寺内町は、近年、様々な変化が起きています。
その中で、特に目立つ変化について、簡単にご紹介します。

古民家を活かしたお店が増えた!

まずは、古民家を活かしたお店が増えたことです。

ここ数年の間、富田林寺内町では、新しいお店が続々とオープンしています。
古民家だけでなく、酒蔵もお店として活用しているお店もあります。

更に、2013年には、イタリアで修業をした杉本シェフによる、旧家の建物を活用した本格的なイタリアンレストラン「oasi オアジ」も開店されました。
他にも、2015年春には、富田林寺内町で初めてのゲストハウス(女性専用)となる「泊や」もオープンしました。

どこのお店もとても素敵なので、1店舗ずつ巡ってみても楽しめます。
どのようなお店があるかは、以下のサイトにまとまっていますので、是非ご参考にしてください。

www5d.biglobe.ne.jp

外国人来訪者にも人気のスポット!

次は、外国人来訪者にも人気のスポットということです。

現在は、新型コロナウイルス感染症が流行により外国人を見かけることがなくなりましたが、以前は、富田林寺内町を訪れる外国人が年々増えていました。
主に、中国人や韓国人が多かったと感じていましたが、タイ人やベトナム人などの東南アジアからの来訪者も多かったように思います。

また、富田林寺内町は、団体旅行客よりも「個人旅行客」が多いことも特徴でしょう。
かなり人が賑わっているという場所ではありませんので、ゆっくりと町並みを楽しめることが一つのポイントです。

forbesjapan.com

アニメのモデル地になった!

次は、アニメのモデル地にもなったことです。

富田林寺内町にある旧杉山家住宅は、「涼宮ハルヒの憂鬱」の第23話「涼宮ハルヒの溜息Ⅳ」に出てきた鶴屋さんの実家のモデルと言われています。
私も実際にアニメの映像を見て、左右反転されていますが「旧杉山家住宅だ!」と感じ取ることができました。

聖地巡礼になったかどうかは今となってはわかりませんが、今後も何かしらのモデル地になれば嬉しいなと思います。
ぜひ「涼宮ハルヒの憂鬱」を見てみてください。

映画のロケ地になった!

最後は、映画のロケ地になったことです。

興正寺別院と城之門筋、そして、旧杉山家住宅が、2021年10月に上映となる東宝映画「燃えよ剣」のロケ地になりました。
シーン数としてはわずかだと聞いていますが、かなり大掛かりなセットを組んでの撮影が行われました。

今回、ジャニーズが出演しているということもあり、聖地巡礼の一カ所として、多くの人に富田林寺内町を巡ってもらうきっかけになれば嬉しく思います。
以下の60秒CMでも映っていますので、是非探してみてください。

youtu.be

まとめ

まとめ画像

今回は、約450年間残る町並みで、映画のロケ地にもなった「富田林寺内町」について、ご紹介しました。

本記事ではご紹介していませんが、じないまち交流館や興正寺別院、旧杉山家住宅、あてまげのみち、じないまち四季物語など、富田林寺内町には、まだまだたくさんのキーワードがあります。

古い町並みが、ここまで綺麗に「点」ではなく「面」で残っている地域は、全国的にも非常に貴重です。
大阪市天王寺区から約30分ほどの場所にありますので、ぜひみなさんも富田林寺内町を体感しに来てください。

youtu.be