地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

地方公務員には欠かせないスキル!?みんなが実践する法律を調べる方法と条文を楽に読む方法とは?

サムネイル画像

地方公務員のみなさんは、仕事をする中で法律を調べたり条文を読むことに苦労していませんか?

法律を調べる方法や条文を読む方法は、誰かから教えてもらえるものではありません。
業務などを通じて、自分で身につけていくことが多いです。
しかし、私たち地方公務員は、法律や条文の"職人"でもあります。
書かれていることにきちんと向き合い、解釈し、住民に伝える必要もあります。

私は過去に法規担当を経験しましたが、とても苦労したことを今でも覚えています。
何度も頭を抱えて、法律や条文に向き合えない日々も続いていました。
しかし、法規担当の先輩職員などの実践術を知ることで、今では法律や条文に対して抵抗を持たなくなりました。

では、どのような方法なのでしょうか?
今回は、みんなが実践する法律を調べる方法と条文を楽に読む方法について、ご紹介します。

法律や条文に抵抗がなくなると、仕事がグッと楽になる!

仕事画像

法律の調べ方や条文の読み方を知ることで、様々なメリットがあります。
例えば、以下のようなものが考えられます。

  • 仕事の本質を押さえることができる!
  • 何のために仕事をするのかわかる!
  • 仕事の全体像や理解が深まる!
  • 対人説明での武器になる! など

法律や条文には、私たちが想像する以上の情報量があります。
もしかしたら、今抱えている課題が解決することもあるかもしれません。

例えば、私は法規担当で様々な法律を知ったことで、地域活動でも大きく役に立っています。
法律で制限された「できないこと」をきちんと知ることで、逆に「書いてないからできる」と言う判断がえきたこともありました。
このように「できないこと」を知ることで、判断が早くなることもあるのです。

naya0708.hatenablog.com

法律を調べる方法とは?

疑問画像

みなさんは、法律をどのような方法で調べていますか?
ここでは、私や私の周りの方々が実践している法律の調べ方について、ご紹介します。

仕事の中で身につける!

まずは、仕事の中で身につける方法です。

地方公務員は、普段の仕事で必ず何かしらの法律に関わっています。
しかし、法律に書かれた概要や目的などを知らずに仕事をしている人も多くいます。

「何のためにこの仕事をしているのか?」
「その根拠の法律は何か?」

まずは、今取り組んでいる仕事の根拠条文を探すことから挑戦してみてください。
法律に慣れ親しむためには、まずは身近なところから始めることをおすすめします。
いきなり一人で始めることに抵抗がある人は、周りの仲間と取り組んでみても良いかもしれません。

naya0708.hatenablog.com

法規担当などの詳しい人に聞く!

次は、法規担当などの詳しい人に聞く方法です。

地方自治体には、必ず法規担当職員がいます。
また、法規担当職員でなくても、私のような法規担当経験者やその法律に関するプロの職員がどこかにいるかもしれません。
必ずどこかにいますので、その人たちを積極的に頼ってみましょう。

また、同じような業務をしている他自治体の公務員に聞いてみても良いでしょう。
法律などの解釈論では、地方公務員同士の繋がりが活きる場面も非常に多いです。

ご参考ではありますが、私は「洋々亭」で調べることも多々あります。
ぜひ一度、ご覧ください。

naya0708.hatenablog.com

最強の解説書「逐条解説」!

最後は、最強の解説書でもある「逐条解説」で調べる方法です。

全ての法律にあるわけではありませんが、「逐条解説」という最強の解説書が出版されています。
法律を調べたり解釈論の話になった時には、間違いなく助けの1冊となります。
おそらく法規担当部局にあると思いますので、まずは存在を知っておくだけでも良いでしょう。

その他、様々な法律に関する解説本や入門本も発刊されています。
いずれも参考になるものばかりですので、ぜひ書店などで探してみてください。

www.gakuyo.co.jp

条文を楽に読む方法とは?

成功画像

もしも法律を調べることができたとしても、堅苦しい法律の条文を読むことに抵抗がある地方公務員はとても多いです。
しかし、こればかりは慣れていくしかありません。
そこで、私が様々な読み方を試行錯誤してきた中で見つけた"楽に条文を読む方法”を、ご紹介します。

法律の目的をしっかりと理解する!

まずは、法律の目的をしっかりと理解することです。

法律の序盤には、必ず法律の概要や目的が書かれています。
その内容を読み込むだけでも、その後に続く条文の理解度が大きく変わります。
そして、目次で全体像を掴みながら読むことで、法律を楽に読み進めることができるでしょう。

私は、法律が苦手な後輩職員に対して、まずはこの方法を推奨しています。
また、「法律は苦手だけど全体像は知っておきたい!」という人には、最適な方法です。
法律の目的を理解するだけであれば短時間で出来ますので、ぜひ実践してみてください。

naya0708.hatenablog.com

主語と述語を探す!

次は、主語と述語を探すことです。

法律の条文には、必ず主語と述語があります。
そのため、「誰が」「何のために」「何をするのか」について、きちんと紐解くことができるようになっているのです。

法律の条文を読み進めていると、かなり長い一文に遭遇することも多々あります。
しかし、どれだけの長文であったとしても、まずは主語と述語だけを見つけて読むことで、法律の条文を理解することができるでしょう。
とても簡単な方法なので、ぜひ実践してみてください。

括弧を全て読み飛ばす!

最後は、括弧を全て読み飛ばすことです。

実は、法律の条文における括弧内は、用語の定義や例外規定などの補足説明が大半です。
その内容をしっかり読んでいると、全然条文を読み進めることができません。
また、頭の中でも理解が追いついてこなくなってくるでしょう。

そのため、とりあえず括弧を全て読み飛ばして読んでみてください。
そして、条文の全体像を理解することを、優先すると良いでしょう。
括弧内を読むことは、全体像を理解した後で大丈夫です。

naya0708.hatenablog.com

まとめ

まとめ画像

今回は、みんなが実践する法律を調べる方法と条文を楽に読む方法について、ご紹介しました。

私たち地方公務員の仕事には様々な法律や条文が関わるため、全てを覚えることは不可能に近いです。
そのため、「法律や条文を覚えること」よりも、「調べ方や読み方を知ること」がとても大切となります。

私も法規担当着任当初は、担当する法律を覚えようと一生懸命に読んでいました。
しかし、法規担当の仕事を通じて、その方法は間違いだと気付くことも出来ました。
法律が苦手な地方公務員のみなさんは、ぜひ本記事を参考に、自分にできる方法から挑戦してみてください。

naya0708.hatenablog.com