地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

【読書記録】『時間を生み出し成果も上げる!公務員30歳からの時短仕事術』

サムネイル画像

2022年3月22日に、学陽書房から『時間を生み出し成果も上げる!公務員30歳からの時短仕事術』が出版されました。

本書は、30代に起きる仕事の変化を楽しむ、そして、乗り越えるための時間の使い方のコツがまとめられた1冊です。
仕事量の増加に対応しながら質の高い仕事もこなし、プライベートも充実させるための「時短仕事術」を身につけることができるでしょう。
「時短仕事術」を身につけることで、30代公務員としての成長の実感や仕事のやりがいを見つけることができるかもしれません。

では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?
今回は、『時間を生み出し成果も上げる!公務員30歳からの時短仕事術』の感想について、ご紹介します。

本書の概要と感想!

f:id:naya0708:20220405215253j:image

時間を生み出し成果も上げる!公務員30歳からの時短仕事術』(著者:柳田 香 氏)
2022年3月22日発売

柳田 香(やなぎだ かおり)
さいたま市総務局人事部人材育成課長。国民健康保険、人材育成、シティセールス、行財政改革等を経て2021年4月より現職。2011年、市に「一職員一改善提案制度」を導入し、2013年には全国都市改善改革実践事例発表会「カイゼンまっちin Saitama」を開催するなど、自治体の業務改善に積極的に取り組む。2017年4月に開催の「第8回世界盆栽大会inさいたま」を担当し、女性や若者などへの盆栽の普及や市の魅力発信に尽力した。 また職員の自主グループ「おもてなしきものクラブ」の活動や『月刊ガバナンス』(ぎょうせい)の連載「公務員女子のリレーエッセイ あしたテンキになーれ!」(2020年4月号〜)の取りまとめ役などの活動を通じ、若手・中堅職員の悩みや不安の解消に意欲的に取り組んでいる。

comuin.com

本書に書いていること!

まずは目次を確認してみましょう。

  • CHAPTER1:いつも忙しいと感じている人へ
  • CHAPTER2:自分時間を取り戻したい人へ
  • CHAPTER3:周りに振り回されてしまう人へ
  • CHAPTER4:思い通りに成果が出ない人へ
  • CHAPTER5:あれもこれもやりたい人へ

本書は、30代に起きる仕事の変化を楽しむ、そして、乗り越えるための時間の使い方のコツがまとめられた1冊です。
体験談や実践実例を交えた紹介も多くあるため、非常に読みやすい内容です。

「時短仕事術」「集中力」「人間関係」「段取り力」「スケジュール管理」の5つのキーワードで構成されているため、いずれも簡単に真似できるでしょう。
今、何かしらの仕事に追われている人ほど、隙間時間で読むことをおすすめしたいです。

naya0708.hatenablog.com

本書を読んだ私の感想!

本書を読んだ私の感想は、「忙しく仕事をしている人ほど読んでもらいたい1冊」でした。

住民ニーズの多様化による業務量の増加だけでなく、30代になると責任のある仕事を任される機会も増えます。
そのため、20代以上に「仕事が忙しい」と感じるタイミングが増えるものだと私は考えています。

しかし、本書で紹介されている時間の使い方のコツや仕事術を少しずつ実践することで、時間のゆとりが少しずつ出来るようになるでしょう。
忙しい時こそ今までの働き方を見直して、ポジティブな変化を生み出すチャレンジをしてみてはいかがでしょうか?
本書は、今までの仕事を変えるきっかけになることは間違いないため、私はみなさんへおすすめします。

naya0708.hatenablog.com

本書で特に私がみなさんに読んでもらいたい3つの内容!

ヒント画像

本書は、30代に起きる仕事の変化を楽しむ、そして、乗り越えるための時間の使い方のコツがまとめられた1冊でした。
ここでは、本書で特に私がみなさんに読んでもらいたい3つの内容について、ご紹介します。

先を読む力をつけよう!

まずは、先を読む力をつけることです。
これは、CHAPTER1-6に書かれている内容です。

地方公務員は仕事の「今」を見がちですが、「先」を読む力が非常に大切です。
「先」を読むことで、事前に心構えや準備ができるようになるでしょう。

本書では、先を読む力をつけるための3つのポイントがまとめられています。
いずれも誰もが簡単に実践出来ることなので、ぜひ本書を参考に行動してみてください。

naya0708.hatenablog.com

「目的」「資料」「丁寧な説明」で必ず伝わる!

次は、「目的」「資料」「丁寧な説明」で必ず伝わることです。
これは、CHAPTER3-5に書かれている内容です。

どのような部署の仕事であったとしても、相手に伝わることは重要です。
しかし、地方公務員は、伝わる発信があまり上手ではありません。

しかし、伝わるためのポイントやコツはあります。
伝わる技術を身につけることで、相手とのコミュニケーションの時間が変わり、仕事のスピードや質も上がっていくでしょう。
まずは一つずつで良いので、自分でも出来ることから実践してみてください。

naya0708.hatenablog.com

上司を使い倒すくらいの気持ちを持つ!

最後は、上司を使い倒すくらいの気持ちを持つことです。
これは、CHAPTER4-7に書かれている内容です。

仕事での悩みは、必ず自分一人で解消しなければならないものではありません。
仕事で悩んでいる時こそ、上司を使い倒してみましょう。

悩む時間を少しでも短くすることで、行動や作業をする時間を増やすことに繋がります。
本書では、上司を使い倒しながら仕事を進めるコツがまとめられていますので、ぜひ参考にしながら仕事を進めてみてください。

naya0708.hatenablog.com

まとめ

まとめ画像

今回は、『時間を生み出し成果も上げる!公務員30歳からの時短仕事術』の感想について、ご紹介しました。

本書は、30代に起きる仕事の変化を楽しむ、そして、乗り越えるための時間の使い方のコツがまとめられた1冊でした。
働き方の基礎的な考え方や時短仕事術は、私もこれから働くうえで財産となる内容ばかりでした。

新型コロナウイルス感染症や毎年のように起こる自然災害などによる影響で、私たちの業務は年々幅広くなっています。
この変化の多い時代で仕事もプライベートも楽しく過ごすためにも、みなさんもぜひ本書の「時短仕事術」を実践してみてください。

books.rakuten.co.jp

naya0708.hatenablog.com