地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

【読書記録】『福祉知識ゼロからわかる! 生活保護ケースワーカーの仕事の基本』

サムネイル画像

2022年4月15日に、学陽書房から『福祉知識ゼロからわかる! 生活保護ケースワーカーの仕事の基本』が出版されました。

本書は、生活保護の実務がよくわかる新人ケースワーカーが読むべき最初の1冊です。
生活保護に関する制度や実務の基礎知識から具体的なお悩み相談室まで、生活保護実務担当者にとって役に立つ情報が細かく書かれています。
私は生活保護部署への配属経験はありませんが、生活保護制度や実務がわかりやすく整理されており、とても勉強になりました。

では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?
今回は、『福祉知識ゼロからわかる! 生活保護ケースワーカーの仕事の基本』の感想について、ご紹介します。

本書の概要と感想!

f:id:naya0708:20220421202616j:image

福祉知識ゼロからわかる! 生活保護ケースワーカーの仕事の基本』(著者:山中 正則 氏)
2022年4月15日発売

山中 正則(やまなか まさのり)
大阪市天王寺区保健福祉課担当係長。生活保護ケースワーカーやSV(スーパーバイザー)を経験した後、防災担当、新型コロナウイルス対応業務などを経て現職。生活保護関連通知・通達を探すことができる「生活保護通知・通達総索引」を制作。防災士。現役公務員のコミュニティ「オンライン市役所」のゲーム推進課長。

utatane.asia

本書に書いていること!

まずは目次を確認してみましょう。

  • CHAPTER1:はじめて生活保護ケースワーカーになるあなたに
  • CHAPTER2:ケースワーカー最初の一歩 ~生活保護の基礎知識~
  • CHAPTER3:家庭訪問をしよう!
  • CHAPTER4:まだまだ頑張るケースワーカーのお仕事 ~調査、指導・助言~
  • CHAPTER5:さけて通れない生活保護の適正運用の基礎知識
  • CHAPTER6:一人前のケースワーカーに導く+αの知識
  • CHAPTER7:新人ケースワーカーのお悩み相談室

本書は、生活保護の実務がよくわかる新人ケースワーカーが読むべき最初の1冊です。
まさに「新人ケースワーカー」に向けて書かれており、言葉も優しく、とても読みやすい内容となっています。

生活保護部署へ配属となった人は、最初は悩みや不安がたくさんだと思います。
しかし、本書は、生活保護の基礎から実務まで具体的な情報が載っているため、自信を持って仕事をするきっかけになるでしょう。
新人ケースワーカーのみなさんは、ぜひ手に取ってご覧ください。

naya0708.hatenablog.com

本書を読んだ私の感想!

本書を読んだ私の感想は、「生活保護の実務を知らない人こそ読むべき1冊」でした。

冒頭にもお話した通り、私は生活保護部署への配属経験がありません。
そのため、生活保護に対して「忙しそう」や「大変そう」「しんどそう」という漠然としたイメージを持っていました。

しかし、本書を通じて、生活保護に関する制度の基礎や担当者が行っている実務を知ることができたため、私の頭の中の漠然なイメージが具体的なものとなりました。
私のような生活保護部署を経験したことがない地方公務員こそ、ぜひ読んでもらいたいと思いました。

naya0708.hatenablog.com

本書で特に生活保護部署未経験のみなさんに読んでもらいたい3つの内容!

ヒント画像

本書は、生活保護の実務がよくわかる新人ケースワーカーが読むべき最初の1冊でした。
ここでは、本書で特に生活保護部署未経験のみなさんに読んでもらいたい3つの内容について、ご紹介します。

ケースワーカーの仕事!

まずは、ケースワーカーの仕事です。
この内容は、CHAPTER1-3に書かれている内容です。

私を含む生活保護部署未経験者は、ケースワーカーが具体的にどのような仕事をしているのかを知りません。
本書では、以下の5つの紹介がありました。

  • 福祉事務所での面接相談・保護の要否判定
  • 家庭訪問と助言
  • 保護記録の作成
  • システムへの入力(生活保護費の算定)
  • 調査、情報収集

私の印象としては、基本的に家庭訪問などの現場仕事が多いのかなと想像していましたが、意外と内部事務も多いことがわかりました。
また、「こんなこともやるの?」という具体的な事例紹介もあり、仕事の幅の広さを感じます。
ケースワーカーがどのような仕事をしているのかを知るためにも、ぜひ読んでもらいたい内容でした。

naya0708.hatenablog.com

生活保護制度!

次は、生活保護制度です。
この内容は、CHAPTER1-5に書かれている内容です。

生活保護制度とは、憲法第25条に定められた「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を実現するために、生活保護法に基づいて決められた制度です。
(引用:本書CHAPTER1-5より抜粋)

このように、生活保護は「生活保護法」により制度化されています。
その中でも、8つの種別があるそうです。

  • 生活扶助
  • 教育扶助
  • 住宅扶助
  • 医療扶助
  • 介護扶助
  • 出産扶助
  • 生業扶助
  • 葬祭扶助

私は漠然と「扶助」という言葉は知っていましたが、ここまで種別が細分化されているとは、お恥ずかしながら知りませんでした。
それぞれの紹介だけでなく、生活保護を受給するまでの流れも同ページにまとめられているため、知らなかった人は合わせてご覧ください。

books.rakuten.co.jp

ケースワーカーの実務!

最後は、ケースワーカーの実務です。
この内容は、CHAPTER2以降に書かれている内容です。

CHAPTER2以降でまとめられたケースワーカーの実務は、具体的にどのような仕事をしているのか知るために読むべき内容でしょう。
家庭訪問や調査、指導、助言など、具体的な実務がわかりやすくまとめられています。

あなたも人事異動により、いきなり生活保護部署へ配属されるかもしれません。
他人事として「生活保護」を考えずに、もしも人事異動で配属となったとしても、仕事のイメージをきちんと理解して臨むためにも、ぜひ簡単にでも読んでみてください。

naya0708.hatenablog.com

まとめ

まとめ画像

今回は、『福祉知識ゼロからわかる! 生活保護ケースワーカーの仕事の基本』の感想について、ご紹介しました。

本書は、生活保護の実務がよくわかる新人ケースワーカーが読むべき最初の1冊でした。
新人ケースワーカーでないベテランケースワーカーであったとしても、実務に活きるヒントが多くある内容でしょう。
ケースワーカーは1人1冊持っておいてほしいと、私は素直に感じました。

そして私は、生活保護部署未経験ですが、生活保護の仕事について、とても理解することができました。
ぜひ同じように生活保護部署未経験の地方公務員のみなさまも、読んでみてください。

books.rakuten.co.jp

naya0708.hatenablog.com