地方公務員ブロガー 納 翔一郎~富田林INFORMATION×WORK×LIFE~

地方公務員のこと、富田林市のこと、公務員本の読書記録などを書くブログです。

【読書記録】『日本一バズる公務員』

サムネイル画像

2022年5月29日に、扶桑社から『日本一バズる公務員』が出版されました。

本書は、高知県須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」の日本一やふるさと納税寄付総額21億円達成、また、SNSなども使いこなしていた元超公務員の守時健さんの経験とノウハウが詰め込まれた1冊です。
実体験ベースでまとめられてた仕事術の数々は、現役地方公務員も学べることが多くあるでしょう。
特に、地方創生担当やふるさと納税担当、情報発信担当の地方公務員にとっては、実務に活かせるヒントを見つけることが出来るかもしれません。

では、本書にはどのようなことが書かれているのでしょうか?
今回は、『日本一バズる公務員』の感想について、ご紹介します。

本書の概要と感想!

f:id:naya0708:20220601210039j:image

日本一バズる公務員』(著者:守時 健 氏)
2022年5月29日発売

守時 健(もりとき たけし)
地域創生請負人。高知県須崎市の市役所職員として新入職員ながら、ゆるキャラ「しんじょう君」を誕生させ、'16年にゆるキャラグランプリ王者に輝く。その後、須崎市のふるさと納税をSNS&ゆるキャラ戦略で1000倍に増やし、地域活性に貢献。現在は市役所を独立し、SNSマーケティングを使った特産品の情報発信を仕掛ける地域商社「パンクチュアル」代表を務める。

localletter.jp

本書に書いていること!

まずは目次を確認してみましょう。

  • 第1章:誕生(Birth))ゆるキャラNo.1!しんじょう君が生まれた日
  • 第2章:理論(Theory)ゆるキャラ成功の絶対条件
  • 第3章:出陣(Kick off)しんじょう君、グランプリ王者への道
  • 第4章:勝因(Know-How))必ず勝てるSNS攻略法
  • 第5章:労苦(Rock!)崖っぷち人生からの大逆転
  • 第6章:成功(Victory)ふるさと納税を1000倍にしてみた
  • 第7章:未来(Hopeful)それでも市役所、やめました

本書は、高知県須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」の日本一やふるさと納税寄付総額21億円達成、また、SNSなども使いこなしていた元超公務員の守時健さんの経験とノウハウが詰め込まれた1冊です。
ゆるキャラが生まれたエピソードからSNS・ふるさと納税の運用、そして、守時健さんのこれからの未来まで、とても読み応えのある内容でした。

特に、ゆるキャラやSNS、ふるさと納税におけるノウハウは、実務担当者にとって役に立つ仕事術が盛りだくさんでしょう。
今仕事で課題を感じている担当者の方は、ぜひ読んでみてください。

naya0708.hatenablog.com

本書を読んだ私の感想!

本書を読んだ私の感想は、「守時健さんの仕事術を盗もう!」でした。

ゆるキャラやSNS、ふるさと納税の運用における守時健さんの仕事術が、本書では惜しみなく紹介されています。
仕事に対する考え方やノウハウは、ゆるキャラやSNS、ふるさと納税の直接的な担当でないとしても、活かせる内容は多くあるでしょう。

更に、仕事の考え方だけでなく、バズらせる仕組みやふるさと納税のテクニックなど、具体的な方法論もわかりやすくまとめられています。
地方公務員はもちろんのことですが、地域をフィールドに活動する多くの方へ読んでもらいたい1冊でした。

naya0708.hatenablog.com

本書で特に私がみなさんに読んでもらいたい3つの内容!

ヒント画像

本書は、高知県須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」の日本一やふるさと納税寄付総額21億円達成、また、SNSなども使いこなしていた元超公務員の守時健さんの経験とノウハウが詰め込まれた1冊でした。
ここでは、本書で特に私がみなさんに読んでもらいたい3つの内容について、ご紹介します。

いち公務員でもできることを考えた!

まずは、いち公務員でもできることを考えたことです。
これは、第1章に書かれている内容です。

  • 産業の転換
  • 都市計画
  • 情報発信

守時健さんは、現状を打開するための都市発展に必要な要素として、これらの3つをあげています。
その中でも、いち公務員でも出来ることとして、「情報発信」をご紹介していました。

本書を読むことで、多くの人が「ここまでやっていいんだ」と、様々な行動や挑戦の可能性を感じるきっかけになると思います。
守時健さんの行動と挑戦を一つの事例に、自分だからこそ動けることを考えてみてはいかがでしょうか?

naya0708.hatenablog.com

Twitterは情報拡散の最強ツール!

次は、Twitterは情報拡散の最強ツールです。
これは、第4章に書かれている内容です。

地域PRに欠かせないのは絶対的にTwitterです。
(引用:本書P.103)

Twitterは、「いいね!」や「リツイート」による情報拡散能力が、他のSNSよりも圧倒的に優れています。
ここでは、Twitterの強みと活用方法について、丁寧にまとめられていました。

特に、他のSNSアカウントをTwitterで紹介することによる「SNSの連動性」の事例では、Twitterのフォロワー数の多さがとても重要なものだと改めて感じました。
地方公務員だけではなく、民間企業や地域で活動する方々にとっても活きる内容となっていますので、ぜひみなさんも読んでみてください。

naya0708.hatenablog.com

地元のヒット商品は"よそ者"だから見つけられる!

最後は、地元のヒット商品は"よそ者"だから見つけられることです。
これは、第6章に書かれている内容です。

どのような地域であったとしても、魅力的な特産品は必ずあります。
しかし、地域の人たちが地域の特産品を探すことは、「地域にとって当たり前のものが魅力的な特産品」だと気付くことができません。

本書では、"よそ者"の大切さと「売れるポイント」の見つけ方について、事例を通じてわかりやすく紹介されています。
地域の魅力的な特産品に気付き、地域の外へ広めてくれる"よそ者"を活かすためにも、ぜひ参考に読んでみてください。

naya0708.hatenablog.com

まとめ

まとめ画像

今回は、『日本一バズる公務員』の感想について、ご紹介しました。

本書は、高知県須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」の日本一やふるさと納税寄付総額21億円達成、また、SNSなども使いこなしていた元超公務員の守時健さんの経験とノウハウが詰め込まれた1冊でした。
まだ直接お会いしたことがなく守時健さんがどのような方か存じ上げていませんでしたが、本書を通じて、守時健さんの人柄がとても好きになりました。

ゆるキャラやSNS、ふるさと納税担当の地方公務員はもちろん、多くの地方公務員に読んでもらいたい1冊です。
元超公務員の経験と仕事術を盗んで、明日からの仕事へ活かしてみましょう。

books.rakuten.co.jp

naya0708.hatenablog.com